People

スタッフ紹介

『半兵ヱ』専属から全社のクリエイターへステップアップ!

企画部インターン / 鈴木 優香

「半兵ヱ」吉祥寺店専属クリエイター!?

いま美術大学の4年生で、3年生の5月から「半兵ヱ」吉祥寺店でアルバイトをしています。始めるときに聞いた「関わるすべての人が楽しくなれる環境を作る」という会社理念が大好きで、いつも楽しく接客しています。大学では視覚伝達デザインを学んでいて、店長から「POP作って」と言われることも。「やかん鍋」や「吉祥寺店限定の裏メニュー」も私が作りました。夏祭りやハロウィン、クリスマスといった季節のイベントPOPなど、これまで10枚近くは作ったと思います。最近は、卒業していくメンバーを告知するPOP作りが出勤前の日課になっています。

「ペリー」の名前でお客さんとの距離も近く!

「半兵ヱ」では「ペリー」と呼ばれています。「黒船来航」のペリーです。私は横浜出身で、小学生のときに行った「開港記念日」の後からある男子が「ペリー」と呼びはじめ、男子の間で広がり……。はじめは抵抗があったのですが、本名の「鈴木」も「優香」も同じコミュニティの中に2人以上いる状態だったので中高時代には「ペリー」を解禁しました!

アルバイトを始めるときに店長から「なんて呼ばれてるの?」と聞かれ、即「呼びたいわ~」となり、ここでもペリーになりました。

お店で付けているネームも1つは友達が書いてくれたもの、もう1つは「俺が描いてあげるよ」とお客さんが描いてくれたペリーの似顔絵で、とても気に入っています。

お店でも、よく「ハーフなの?」と聞かれるんですが、日本人です!

モチベーションの上がる仕組みが沢山

実は今月、時給が上がったんです。最近一気に3人抜けたので、吉祥寺店で4年アルバイトしている子の次に時給が高くなりました。もうそんなポジション!?と正直驚いていますが、ますます頑張ろうと思っています。

昇給するためにはクリアするべき項目がいくつもあるので、出勤後に毎回LINEで店長に報告していました。月の最後には、LINEで送った内容を紙にまとめて手渡しもしました。店長も忙しいので、そうでもしないと伝わらないかな、と思い。そしたら時給が上がったので、うれしいですね。

お店で着ている「ダボ」も、店長と社員さんが独断と偏見で決める「半兵ヱ賞」を獲ったときに「好きなダボを買っていいよ」と言われて浅草で買ってきたものです。みんなと違うダボを着れると、やっぱりテンションが上がります。

「半兵ヱ」と企画部、二足のわらじで奮闘中!

今は企画部のインターンとしても働いています。どちらも週3回くらい出勤しているので、昼間は企画部でメニューやPOP、チラシなどの制作補助をして、夕方から「半兵ヱ」とハシゴしている日がほとんどです。

インターンを始めたきっかけは、「半兵ヱ」でPOPやメニューを作っていたところ、ブランドディレクターのたくちゃん(利根川拓也さん)が企画部部長の家中さんに紹介してくれました。4月末には「半兵ヱ」を卒業して、5月からは企画部の社員になるので、早く独り立ちしなければと思っているところです。

見慣れたメニューや看板を作る側に

今はまだ先輩のアシスタント的な仕事ばかりですが、最近「ペコリ」のメニュー表リニューアルや、看板を作成しました。イラストの色付けや画像加工、トリミング、レイアウトなど、IllustratorとPhotoshopでひと通りのことはできますが、先輩の仕事を見ながら学ぶことだらけの毎日です。これまで「半兵ヱ」はもちろん「とりとん」や「ペコリ」など良く行くお店のことは知っていましたが、行ったことのないブランドも沢山あるので、今は時間を見つけてはお店に足を運んでいます。

これまで実際にお店で接客をしてきたので、いつも見慣れたメニューなどを作る側に回るのは新鮮です。今後は「もっとこうした方がお客さんに伝わるかも」というようなアイデアをどんどん出せる存在になりたいと思っています。