People

スタッフ紹介

この会社なら、ずっと楽しく働けると思った

2018年新卒 新卒入社 / 居酒屋第2営業本部 / 大浦 百花

自分のやりたいことに挑戦できている実感

アルバイトをしていた頃から飲食業や接客業が好きだったので、就職活動の時も同じ業界で仕事を探していました。その中で、ファイブグループの『関わるすべての人が楽しくなれる環境を作ること』という会社理念がとても印象的で、会社見学に行ったり、人事の方に会ったりして、すぐに「この会社に入りたい!」と思いましたね。結局、この会社以外を受けることはありませんでした。

最初の3ヶ月くらいはホールの仕事をして、その後キッチンに入るようになりました。これまでもアルバイト経験こそありましたが、社員として、特にキッチンの仕事を始めてからは、できないことばかりだと気づかされましたね。ファイブグループで働き始めるまでは、言われたことや、できることだけをやっていたんだと思います。ただ、今は自分からやりたいことに挑戦している実感があるので、怒られることも増えましたが、そのぶん仕事の深いところまで触れられている実感があります。怒られた時に、落ち込むのではなく、できるようになりたいと思えるかどうかが大切なのではないでしょうか。

直近の目標は、店長代行という役職に就くこと。もちろん、ゆくゆくは店長になって、幅広い店舗マネジメントに携わりたいと思っています。

成長できる環境が、やりがいにもつながる

まだまだ勉強することはたくさんありますが、最近では仕事の範囲も広がって、周りのスタッフから「できるようになったね」とか、「めっちゃいいね」と褒めてもらえることも増えました。また、今までは他人に質問することのほうが多かったのが、最近では質問されることも増えましたね。そんな時はやっぱり嬉しいですし、やりがいを感じます。

ちなみに、目標としているのは今のお店の店長です。店長のすごいところは、周りの人をどんどん巻き込んでいく力があること。まったく同じ店長になるというよりは、やり方は違っても、そうやって周りの人を巻き込める人に成長したいと思っています。

友達や同僚とごはんに行くのが好き

食べることが好きなので、休みの日にはだいたい誰かとごはんを食べに行っています。月に8日くらいは休みがあるので、そういうプライベートや遊びの時間も確保できるのはやっぱり嬉しいです。学生時代からの友達とも行きますし、会社の人とも一緒に行きます。フットワークの軽さはよく褒めていただけますね。

会社の人と出かける時は、仕事の相談をしたり、話を聞いてもらったりすることが多いです。同期の仲間ともよく食事に行きますが、同期と一緒だと仕事の話ばかりになっちゃいますね。店舗や業態によって、いろいろな話が聞けるのでとても面白いし、勉強になります。

採用希望者へのメッセージ

ファイブグループのお店は、働いていてもめちゃくちゃ楽しいと思います。スタッフ同士の仲が良くて、居心地がいい。もちろん料理も美味しいです。お客さんが多くて入れ替えが激しいので、大変さはありますが、日頃からキッチンとホールが協力し合って楽しく仕事を進めています。実際に活躍しているメンバーもそういう人が多いです。やることはちゃんとやりつつも、笑顔を絶やさず、自分たちがまずは仕事を楽しむ。一緒に働くとしたら、同じように、仕事を思いきり楽しめる元気な人がいいですね。