People

スタッフ紹介

チャレンジできる環境が、成長につながる

2015年4月 新卒入社/居酒屋第2営業本部 料理長代行 / 井下田 雄大

入社2ヶ月で、責任者の立場へ

学生時代から、地元にあったファイブグループのお店によく飲みに行っていました。就職活動時は飲食業界に進みたいと考えていたので、あんな楽しいお店で働けたらいいなと思い、ファイブグループを志望。入社後すぐに、店長を目指すか料理長を目指すか希望を出せたので、自身の興味が強かった料理長を目指す道を選びました。

とはいえ、仕事を始めたばかりの頃は覚えることも多く、失敗してばかり。それでも少しずつ経験を重ねる中で、仕事の面でも、人間性の面でも、成長を実感することができました。一番の成長の機会になったのは、入社して2ヶ月ほど経った時に、責任者の立場になれるチャンスをもらえたこと。結果、現在は次期料理長候補である料理長代行という立場で働かせていただいています。

これだけ早期にチャンスをもらえるというのはなかなか経験できることではないので、そのぶんとても勉強になりましたし、責任感も生まれました。こういうチャレンジをさせてもらえることは、ファイブグループの魅力のひとつだと思っています。

忙しい時ほど、団結力を楽しむ

仕事をしていて楽しいなと思う瞬間のひとつが、たくさんのお客さんでお店がにぎやかな時です。もちろん忙しいのですが、そういう時にも、キッチンやホールのスタッフがピリピリすることはなく、その忙しさそのものを楽しむようにしています。時には冗談も言い合いながら、力を合わせて「お店づくり」をしている感覚がすごく楽しいですね。

もちろん、その結果としてお客さんにお店を楽しんでいただけたら、これ以上の喜びはないです。お客さんがお帰りになる際、「おいしかったよ」「ごちそうさま」と声を掛けていただけた時にはやりがいを感じます。個人的には魚料理が得意なので、それらを褒めていただけた時もとても嬉しいですね。

休日は、友達とサッカーをしたり、食べ歩きをしたり

小学校の頃からずっとサッカーをしているので、今も休みの日にはサッカーをすることが多いです。社会人の同好会も多いので、たまにそこに参加させてもらったり、一緒に練習や試合をしたりして楽しんでいます。

会社は違いますが、飲食業で働いている友達もいるので、そこで仕事の話をすることもあります。「この間こういう料理を作って美味しかったんだ」とか、有意義な情報交換の場になっています。タイミングがあえば、気になるお店に一緒に行ってみて、研究をすることもありますよ。

採用希望者へのメッセージ

ファイブグループには、強い想いを持って働いている、熱い人がとても多いです。そういう仲間が集まっているからこそ、ちょっとしたことにでもこだわりがあって、時には議論になることも。「いいお店を作る」という想いのもと、仲間同士が本気でぶつかりあえる環境は、とてもいい環境だなと思っています。同じように、そういう環境で働きたい、成長したいという方にとっては、きっと魅力的な会社のはずですよ。

僕自身、まずは正料理長になることが目標ですが、将来的には、友達と一緒に自分たちの店を開きたいという夢があります。自分自身の夢や目標に向かって、一緒に本気になれる仲間が増えたら嬉しいですね。