People

スタッフ紹介

どの店舗にも属さない、
サービス・接客のプロフェッショナル

2011年6月 入社 / 居酒屋第2営業本部 CSC / 寺田 愛

ブランドの課題を見つけ、改善をサポート

店舗では、調理に関しては料理長、売り上げに関しては店長が管理しますが、私の仕事であるSC(ショップコーディネーター)の業務は、接客やサービスの向上に特化したポジションです。決まった店舗ではなく、ブランドそのものに所属して、各店舗の接客やサービスの改善、メンバー育成、チームワーク向上、理念浸透などに取り組みます。

具体的な改善内容としては、シンプルなものでいえば、店内のディスプレイを作ったり買い足したりして、雰囲気を変えるというもの。一番多いのは、店舗のエンゲージメントをより良くする取り組みを行なうケースです。ただし、店舗それぞれで改善すべき程度は異なるため、店長に働きかけて1ヶ月程度で改善する場合もあれば、長期間をかけて改善を必要とする場合もあります。現状をどのようにしたらより良くできるかをイメージし、実際の店舗に落とし込むかが大切です。

理念を汲み取り、具現化していくやりがい

自分が所属する店舗で現状を改善したり、理想を実現したりするのは、ある意味では簡単です。ただしSCの場合は、各ブランドのBD(ブランドディレクター)から依頼を受けて動くうえに、週に1~2回、5~6時間ほどしか店舗にいません。その中で深い改善に取り組むとなると、やはり大変さもあります。プラス1をプラス2にするような、今あるものをより良くするといった改善が理想ですが、現状はまだ、マイナスをゼロにするといった依頼が多いです。

ファイブグループの店舗には、企業理念やブランドコンセプトとは別に、店舗ごとに店長が決めている理念があります。それをしっかりと受け止めて、店長がやりたいことや店舗の目指す姿の実現のために一緒に取り組み、カタチにできた時はとてもやりがいを感じますね。私自身、ファイブグループのことや各ブランドのことが好きなので、今後もSCとしていい店をどんどん増やしていければと思っています。

各地域の温泉巡りが楽しみのひとつ

仕事の他にも好きなことはたくさんありますが、特に温泉が好きです。SCはいろいろな地域に出向いて仕事をするため、そのたびに近くのスーパー銭湯や温泉を探して、仕事終わりに行くのを楽しみにしています。行ったことのない駅で、乗ったことのない電車で向かう温泉はとてもワクワクしますね。新店準備の時などは、夜通し作業をすることもあるのですが、その後に温泉に行って仮眠をとると、スッキリして働けるんです。

温泉巡りの他には、山とか海とか、自然と触れ合うのも好きです。たまにサーフィンもするのですが、波に乗っている時よりも、波から落ちて海の中にいる時のほうが、より自然と触れ合えている感じがして好きかもしれません(笑)。

採用希望者へのメッセージ

ファイブグループの中でも、SCは少し特殊なポジションです。限られた時間の中で店長やスタッフと信頼関係を築き、同時にいくつもの改善をしなければなりません。そのため、コミュニケーション能力は必須ですね。メンタル的にハードなところもありますが、一番大切なのは「やってみたい」という気持ちです。

私自身、もともとは店舗スタッフとして働いていたところから、希望してSCになりました。今はもっといいお店を増やしたいという気持ちがモチベーションになっています。同じように「やりたい」という気持ちを持って、一緒にお店作りに取り組んでくださる方が仲間になってくれたら嬉しいですね。