スタッフインタビュー

ファイブグループは思いをカタチにできる場所

2010年4月 新卒入社 / 居酒屋第2営業本部 BD / 利根川 拓也

入社のきっかけは社長です。お店を利用した際に、スタッフがとても楽しそうに働く姿をみて、感動し、このお店を運営している人のやり方を全部学びたいと思い入社しました。

今の仕事は、店舗運営のサポートです。理念や勝ちパターンを店長に教えて、理念を薄めずに店舗展開するためのリーダーを育成しています。スタッフが育ったり、お客さんが楽しんでいたり、僕と関わった人が仕事、プライベートを通して喜んだり、楽しんでいたりする姿を見た時にやりがいを感じますね。

ファイブグループでは「エンロール」という言葉をよく使います。簡単に言うと巻き込み力。エンロールには動機づけが大事です。店舗だったら店舗理念や、店長の想いでしょうし、僕の場合は、店の需要と供給を通じて「日本を元気にする」という夢です。地域に根付いた店で、働く人の人生に役立ち、飲みに来た人が元気になる、そんな憩いの場を作っていきたいです。

理念と利益が両立して楽しめる環境をつくる

理念と利益を両立して成長している飲食会社はとても素晴らしいと思います。僕もそれを実現し継続し続けることをミッションとして掲げています。理念と利益のバランスは、人財育成が鍵です。利益から理念は生まれません。利益を求めると人財育成がおざなりになり、主体性がなくなり、マニュアル化が始まります。そして理念が薄まってしまう。

まず、理念をしっかりと持った強い店長を育てる。ファイブグループでは、店長ごとに店舗理念があるのも特徴です。僕は、売上を上げる方法よりも、スタッフを育てて良い店を作る方法を教えます。売上を追求すると理念を追求しにくくなりますが、良い店を作れば自然と売上は上がります。良い店とは、売上がある店ではなく、お客さんに愛されている店だと、僕は考えています。

楽しむ努力をする事が大切

ファイブグループは、頑張って結果を出せばしっかり評価される会社だと思います。僕自身、頑張った人間が馬鹿を見るのが大嫌いなんです。ただ、頑張りだけを評価するのではなく、結果を含め評価するようにしています。だからこそ平等に評価してもらえることが出来ます。

そして、これをやりたいということがあって、強い想いをもって自ら挑戦するのであれば、叶わないことはないというのが、ファイブグループです。もちろん、待っているだけででは何も実現しません。僕も会社から言われて作ったものなんてひとつもありません。でも、強く思って行動するのであれば、叶えられないことはないと思います。

地域に根付く、愛される大衆酒場をつくる

休みの日も仕事の仲間と過ごしていることが多いですね。ファイブグループには部活があるのですが、僕は釣り部に所属しています。

また、仕事に関係しますが、おじいちゃん・おばあちゃんがやっているような、20年、30年と長く地域で愛され続いている大衆酒場に行くのが好きです。それだけ店を続けているって、ものすごく尊敬します。地域に根付くということはすごく重要で、一時のブームでは意味がないんですよね。だから僕が現在、運営しているブランドが20年後に、大衆酒場業界で突き抜けた存在になることを目指しています。20年続けたら、やっと本当に大衆酒場と呼べるんじゃないかと。その志を持って、今は「ちょっと大衆酒場と付けさせていただきます」という感じにさせていただいています。

採用希望者へ一言

チャレンジ精神と、素直な心。この2つを持つ人が、ファイブグループに向いています。ファイブグループは、21世紀を代表する飲食企業を目指しています。そのためには、社員一人ひとりが主体的に、同じ志を持って働くことが大切です。特に僕についてくれば、知っていることを全部教えますし、絶対成長できると思います。

また、ファイブグループに応募するなら、まず店に行ってみてください。百聞は一見に如かずで、店に行かないとわからないことがたくさんあります。