People

スタッフ紹介

自分と同じように、みんなにも仕事を楽しんでほしい

2011年4月 入社 / 居酒屋第2営業本部 兼任店長 / 大迫 源一

コミュニケーションが、仕事をもっと楽しくする

もともとは水道管工事の仕事をしていたのですが、飲食業をやりたくてファイブグループにアルバイトとして入社しました。現在では正社員となり、とりとん業態の池袋店と、渋谷エリアのいくつかの店舗の兼任店長をしています。もともとは「楽しそうなお店だな」と思って入社したのですが、実際に働いてみると、楽しいだけではなく、やるべきことをしっかりやる点が印象的でしたね。終礼時には一日の振り返りにしっかり時間をとって、お店をよりよくしていくのはどうするかをみんなで語り合っていました。社員・アルバイト関係なく、意識の高い人が多いと感じています。

どうしたらこの人たちみたいになれるんだろうと考えて、当時から、自分なりにみんなとコミュニケーションを多く取ることを意識して行動していました。仲良くなることで仕事がさらに楽しくできるようになるので、社員になってからも、コミュニケーションの意識はしっかり持つようにしています。一人ひとりの声にしっかりと耳を傾け、その人の成長を自分事と捉えて関わることで、その人の成長にもつながる、というのが自分の考え方のベースです。

スタッフたちの成長が一番のやりがい

兼任店長としてたくさんのスタッフと関わっていると、ミーティングや仕事中、スタッフの発言や表情や行動から、その人の成長を感じられることがたくさんあります。スタッフの成長を間近で感じることが出来た時には、とてもやりがいを感じますね。

僕は、ファイブグループの『関わるすべての人が楽しくなれる環境を作ること』という会社理念にすごく共感していて、「楽しい」ことが大好きなんです。だからこそ、その「楽しい」という想いを持って、スタッフたちにもしっかり成長していってほしいと日頃から考えています。スタッフたちが成長し、仕事でもプライベートでも関わりが増えていくと、僕自身もとても嬉しいです。

部活を通じた交流も、ファイブグループの魅力

ファイブグループに入ってからは、仕事も、プライベートも、楽しみながら充実できていると感じています。休みの日にはドライブをしたり、会社の部活に参加したりと楽しんでいますね。ちなみに僕自身は会社内に釣り部を発足して、現在部長をしています。その他に、野球部やツーリング部に参加することもありますね。

釣り部は現在20名ほどのメンバーがいて、釣りの後には、部活のメンバーと飲みに行くことも多いです。実はそっちがメインになっている気もしますが、同じ店舗や業態以外の、普段の仕事では関わりのない人とも交流できるのはとても良いなと思っています。部活も含めて、社内のスタッフ同士の仲がいいのも、ファイブグループの特徴かもしれませんね。

採用希望者へのメッセージ

いろいろな人と関わりながら働いていると、誠実さというのがとても大切だと感じています。その時のスキルがどうこうよりも、できないことがあった時に素直に聞くことが出来る人は、すごく成長できる人です。そんな誠実さを持った新しい仲間と、一緒に働くことができたら嬉しいですね。

また、僕自身「楽しい」ことが大好きですが、どんな事情があっても、常に楽しみたいという気持ちを持って働ける人は強いと思います。店舗に関して言えば、スタッフが笑顔で元気に声を出して、明るく接客をして、嘘をつかない、そんな一体感のある状態。僕も、常にそこを目指したいと思っています。