People

スタッフ紹介

お店の理想を形にするママさんデザイナー

企画部 / 菅原 歌保里

お店からの「こうしたい」を形に起こす仕事

企画部で、販促に関わる物の制作から発注までしています。例えば、ポスター、webサイト、看板、メニューブック、チラシなど。また、社内で必要な物や採用に関わる物の制作もしています。ただ情報を組み合わせて制作してもお客さんは来てくれません。どうやったらお客さんが行きたいと思うのかまで考えて制作することが私たちのお仕事です。

毎日ブランドディレクターから、「メニューを新しくするからデザインも変えたい!」「キャンペーンのためのポスターがほしい!」など様々な依頼が来ます。「いい感じに仕上げて」と言われて、ブランドディレクターのイメージにちゃんと合ったものを作れたときはとても嬉しい瞬間です。デザイン案を一から考えて仕上げていくので、やりがいも感じられます。デザインに活かせるように日頃からブランドディレクター達の好きな物をチェックするようにしています。

ブランド数50以上、大量の制作物を次々にさばく!

ファイブグループは店舗数もブランド数も多い会社なので、優先順位を決めてとにかく時間との戦いです。制作を進めている間にも、さらに急ぎの依頼が来たりもするので。

出社するとまずメールと依頼のチェックをします。そして午前しかいないブランドディレクター達を捕まえて、確認作業。そこから優先順位に従って制作と発注をしています。

外部の方やアルバイトさんに制作を振ることもあるので、進行管理も行っています。また、多くの制作物が必要になるキャンペーンなどではミーティングに参加することもあります。でもどんなに忙しくても休憩は、お気に入りのお惣菜やさんで買ったり、近くのお店にみんなで食べに行ったり、しっかりリフレッシュしています。

実は働くママ!もうすぐ2回目の産休へ

いま3歳の娘がいて、もうすぐ2人目も出産予定です。定時が9:00〜18:00のところを、今は娘を保育園に送ってから9:30に出社して17:00に退社、そのあとお迎えに行くという生活です。

休日は娘と一緒に、図書館に行ったりアクセサリーを作ったりイラストを描いたりしています。

社内では今年でママになった方が4人くらいいて、ママになっても働きやすい環境だと思います。ブランドディレクターがスケジュールの融通をきかせてくれるときもあるので、検診などの時間も調整できます。私自身、前回の産休・育休は8ヶ月取りました。今回は、1年ほど取る予定です。産休・育休中には、今まであまりできなかったweb制作の勉強をしようと思っています!

仕事と家事を両立させながらストレス解消も!

夫が出張がちであまり家にいないので、家では娘と2人のことがほとんどです。仕事が終わると保育園に直行して料理、夕食、入浴と息つく間もない毎日ですが、週末にまとめて食材を買い込むなどして乗り切っています。会社帰りに吉祥寺駅の近くで買うことも。

夜に少しだけ自分の時間をとれるときは、昭和の猟奇的な事件の文献を読み漁ったりしてストレス解消しています。娘と図書館に行くときも、自分はこっそり怖い本を読んだりしています。

ある日のタイムスケジュール
6:00-7:30  朝食を作り子どもを起こす、朝食
7:30-7:50  保育園に到着
7:50-9:30  出勤
9:30-10:00  メール、LINEチェック。制作依頼を確認する
10:00-12:00 ブランドディレクターと打ち合わせし、制作
12:00-13:00 お気に入りのデリを買ってきてランチ
13:00-14:00 キャンペーンのミーティングに参加
14:00-17:00 外部の制作物の進行管理、制作
17:00-18:30 移動、保育園にお迎えに行く
18:30-19:00 帰宅
19:00-22:00 料理して食事、洗濯、翌日の準備をして子どもの寝かしつけ
22:00-23:00 片付け、掃除、就寝

面白くも頼もしい、一緒に働くメンバー

ファイブグループには個性的な人が多いのですが、なかでも一緒に働くアートディレクターはとても興味深い人です。優しいおばちゃんのような男性です。お菓子作りが趣味かと思えば、キックボクシングに通ったりもしていて……。私生活が不思議な一方で、仕事に関しては、業務の進め方や販促を考える道筋などにも長けていて、一緒に働いて吸収したいと思うことを沢山持っている方です。デザインのダメ出しもとても勉強になるので、ひとつ残らず聞き漏らさないようにしています。

ファイブグループの良いところは、問題をひとつひとつ解決しようとするところだと思います。効率が悪かったり、みんなが困っていることを誰かが「改善しよう」と声をあげやすい環境です。なので、毎月変化して行っているなと感じます。常にトライアル、良くするための挑戦を積極的にしていますね。新しく入ってくる方も、どんどん声をあげると良いと思います!