スタッフインタビュー

チャレンジできるから、全力で楽しめる

2013年新卒 新卒入社 / 人事総務本部 採用課採用企画担当 / 仁藤 準也

今の自分の基盤となっているもの

ファイブグループを知ったきっかけは「半兵ヱ」吉祥寺店です。学生時代に行って、店員さんと仲良くなり、次第に常連になり、さらにアルバイトをするようになりました。そして就活のとき、「決められたことをやるより自分で決めたい。それが早くできるのは飲食業界だ」と考え、ファイブグループに入社を決めました。

入社後すぐに店舗責任者を任せて頂き、とても充実した新卒1年目を過ごさせて頂きました。「人と人が繋がるお店」を理想に掲げ運営を行い実績もで出ていたのですが、自分自身が他の業界でも通用することが出来るのかを試したくなり、大手広告代理店に転職しました。転職する際は、この会社に育ててもらったという思いも強かったのと、とても好きな会社だったので、いずれ会社にとって必要な人財になっていたとしたら絶対に戻りたいという思いがありましたね。

何でもできるから、全力で仕事を楽しめる

いつか戻りたいと思っていたとはいえ、実際にファイブグループに戻ってきたのは想定よりずっと早かったです。ですが、声をかけて頂いたときは、とても嬉しかったのを覚えています。誘って頂いたからには、全力で楽しんで会社を盛り上げようと決意して戻ってきました。

最初にお店で働いていた頃から、僕は仕事とプライベートの境があまりなくて、良い意味で仕事が遊びみたいなところがありました。仲の良い常連さんがたくさんいて、おいしい料理とお酒を提供して、そして感謝の気持ちを持っていれば、自然と良い店になって、それが評価される。悩むところがないんですよ。

今は人事ですが、ファイブグループは本当に面白い会社で、自分が求めれば何でもできる環境だと思います。それを自分で実現していくことに、とてもやりがいを感じます。

飲食業界のイメージを変える人財を育てたい

人事は経験がない分野ですが、いろいろな挑戦をしています。そもそも新卒採用自体が挑戦で、選考フローを作ったり、キャリアアップ制度を作ったり、新しい企画を考えています。

採用を通じて、僕は飲食業界の楽しさ、ファイブグループの魅力を多くの人に伝えていきたいです。お客さんや一緒に働くスタッフさんたちのため、自分の成長の為に考え行動できる、そんな人財を輩出し続ける会社にしていきたいです。

仕事も楽しければ1週間毎日が楽しくなる

仕事をしている時間もとにかく楽しいです。1週間で休みの日だけが楽しいなんて僕は嫌なので、仕事も全力で楽しんじゃう努力をしています。そうすると必然的に1週間毎日が楽しくなるんですよね。

お休みの日は、夏場でしたら、BBQばっかりしてますね。昔の仲の良い常連さんや、会社の仲間など、色々な繋がりの人と行っています。単純にみんなで語るのが好きなんですけどね。僕が企画する宿泊研修は、大抵キャンプになっちゃいます。森の中で、火を囲み、お酒を飲みながら語り合うという、そういう場が好きです。

あとは、美味しいお店を探すことですかね、とにかく美味しいもの食べてる時が本当に幸せです。食べることが好きなんだと思います。

最近は、個人的にスキルアップしたいと思い、休みの日にキャリアコンサルタントの資格を取るためのセミナーに出たり、勉強をしています。

採用希望者へ一言

ファイブグループの店は、スタッフも、お客さんも、人とのつながりをとても大事にします。だからまず、「人が好き」ということが大切です。

また、お店でも他の仕事でも、「ここをこうしたらもっと良くなる」といった指摘をしてくれる人がたくさんいます。そういった指摘に対して、感謝の気持ちを持って素直に受け止めること。それができれば、この会社にはチャンスしかありません。

ぜひそんな人と一緒に働き、遊びたいです。